夜中に何度も目が覚める中途覚醒の対策・改善法|湯船が鍵?

不眠症

夜中に何度も目が覚める中途覚醒の対策・改善法を紹介しています(対処法も少し)。中途覚醒の原因は様々なので、高齢者の方や妊婦の方等では色々と対策・改善法も違ってきます。また高齢者の方や妊婦の方以外の方では、色々な生活習慣が原因で中途覚醒が引き起こされている場合もあるので、中途覚醒を引き起こす悪習慣を改善することで、夜間に何回も目が覚めるのを改善しやすくなります。現在、夜中に何度も睡眠中に目が覚めて眠れなくなるという方は、心当たりがあることが一つでもあるかもしれないので参考にしてみてください。

歯ぎしりの原因とは?別の睡眠障害が原因になっている?

睡眠時随伴症

歯ぎしり(歯軋り)※は睡眠障害的に言うと、睡眠時隋伴症の【睡眠時歯ぎしり(睡眠時ブラキシズム)と言います。※食いしばりとも言います。歯ぎしりの一番の原因は大まかに言うとストレスや歯科関連の問題なのですが、特にストレスに関してさらに言うと、背後には別の睡眠障害がそのストレスの原因になっている場合もあります。この記事では、歯ぎしりの一般的な原因(子供や大人の原因も含め)と、そしてその背後にある睡眠障害についてまとめています。また、治療法などにも触れているので参考になればと思います。

赤ちゃんや子供が寝ない原因は行動性不眠症?対処法は無視?

不眠症

赤ちゃんや子供が夜になってもなかなか寝つかない...布団やベッドの寝床に入ってもすぐに起きて眠っていられない...等こういった小児期に起こる寝つきの悪さなどは「小児期の行動性不眠症」と呼ばれます。※そして小児期の行動性不眠症には【入眠時関連型】と【しつけ不足型】と二つに分かれます。行動性不眠症というと、たいそうな名前がついていますが、小児人口の約10~30%程度の割合で起こることで珍しいことでもありません(行動性不眠症という言い方も一般的ではありません)。この記事では「小児期の行動性不眠症」の【入眠時関連型】と【しつけ不足型】のそれぞれの症状と原因、そして対処法を紹介しています。※基本的には「小児期の行動性不眠症」は生後6か月後以降の子供の不眠症で、生後6カ月までの赤ちゃんにはあてはまりません(生後6カ月までは規則的な睡眠はしない為)。

なかなか寝付けない入眠障害の改善や対策法|起床時間がカギ!?

不眠症

なかなか眠れない入眠障害※の改善・対策は原因によって色々な方法があります。※入眠障害は不眠症の一種です。この記事では「ストレスや不安や心配事でなかなか眠れない」という方や、「考え事をし過ぎて寝つきが悪くなっている」という方向けに改善・対策法について詳しく書いています。また、日頃から意識すると寝つきを良くなることも紹介しています。それぞれの項目に書いてあることをすべて実践する必要はありませんし、どれか一つでもできることをやってみるとそれなりに効果が出ると思います。

悪夢の原因とは?悪夢を見ない方法は睡眠時間を削れ!?

睡眠時随伴症

最近、毎日嫌な夢や恐ろしい夢ばかりを見てしまう...。一見、こういった恐怖を感じてうなされるような夢や、なおかつ変な夢見は霊的でスピリチュアルなことと思えそうです。ですが、睡眠科学的に言えば、悪い夢を見るというのは【悪夢障害】という睡眠障害(睡眠時隋伴症)のひとつです。睡眠障害というたいそうな名前はつきますが、基本的には悪夢を見てもそこまで気にする必要はありません。ただ悪夢をみる頻度が多ければ、自分では気づいていない睡眠障害が隠れていたり、また薬(睡眠薬等)の副作用などによることも考えられます。ですので、この記事では悪夢の原因とそのさらに根本的な原因、そして悪夢を見たくない人向けの簡単な対策(対処)や、治療などについてまとめています。

ページの先頭へ