「睡眠薬」の記事一覧(2 / 3ページ目)

睡眠薬のやめ方-やめるにはいくつのかの方法がある?

睡眠薬

睡眠薬をやめるには、いくつかの方法があり、やめる時には副作用なども気を付けなければなりません。睡眠薬によっては副作用の症状の出かたの違いもあり、副作用の症状が出やすい睡眠薬の種類もあったりもします。この記事では睡眠薬をやめる方法についてと、やめる際の副作用について詳しく書いています。また、医師から処方された睡眠薬は自己判断で減薬・減量(断薬)を行ってはいけません。

高齢者の睡眠薬服用の注意点とは?生じやすい副作用あり?

睡眠薬

高齢者の不眠症や睡眠障害には睡眠薬を服用することで、高い治療効果があることが分かっています。ですが、高齢者の睡眠薬服用には高齢者特有の副作用があり、気を付けなければなりません。そしてそれぞれの睡眠薬によっては副作用が異なるので、その副作用を十分理解したうえで高齢者の方が睡眠薬を服用する必要があります。

妊娠・授乳中の睡眠薬はNG?胎児に及ぼす2つの影響とは?

睡眠薬

妊娠中の妊婦の方や、産後の授乳中に陥る不眠。こういった時に睡眠薬をお母さんが服用するとどういった影響が赤ちゃん(胎児や新生児)にあるのか。また男性(父親)が睡眠薬を服用し、女性が妊娠した際の胎児への影響などについても気になるところです。睡眠薬については処方された睡眠薬、市販の睡眠薬(睡眠改善薬)両方について説明しています。

睡眠薬が効かない原因とは?別の睡眠障害が隠れている?

睡眠薬

睡眠薬を飲んでも効かないし眠れない...実はこういった医師(不眠のの専門医)が診断し、不眠症患者の方向けに処方された睡眠薬でも効果が感じられないということはあります。こういった原因は様々ですが、場合によっては不眠症ではなく実は他の睡眠障害が隠れていることだってあります。それも含めどういったことが原因で睡眠薬が効かないのか解説しています。また、最後にちょろっと市販の睡眠薬(睡眠改善薬)が効かない理由についても触れています。

市販の睡眠薬の効果とは?市販の睡眠薬に強力なものはない?

睡眠薬

薬局やドラッグストア等の市販で買える睡眠薬の効果は、催眠作用があるのという意味では病院で処方される睡眠薬と効果は一緒ですが、全く異なる薬と考えなければいけません。特に、市販の睡眠薬の常用は服用していくうちに効きにくくなってきます。またよく市販の睡眠薬で強いモノや即効性のあるモノを求める声もありますが、そういったことについても解説しています。

ページの先頭へ