「睡眠時随伴症」の記事一覧

寝言の原因は睡眠障害や病気の前触れ?寝言に返事はNG?

睡眠時随伴症

寝言の原因は様々ですが、寝言の種類によって多少どういったことが原因かは分かります。また、寝言は睡眠障害やさらに病気の前触れ(前駆症状)の症状の場合もあり注意が必要です。睡眠時隋伴症のカテゴリーでいうと寝言は「sleep talking」や、睡眠時隋伴症の正常亜型(isolated symptoms and normal variants)という言い方もするので、睡眠障害の中の睡眠時隋伴症の仲間ともいえます。ちなみに寝言の種類によって、どういった睡眠障害等が分かるように寝言鑑別早見表を作っているので分かりやすいと思うので、参考になればと思います。また、寝言の原因によっては一緒に寝ているベッドパートナー(旦那や彼氏、奥さんや彼女)が被害をこうむることもあるので、ベッドパートナーが寝言を言っているときにできる簡単な対処法なども紹介しています。

歯ぎしりの原因とは?別の睡眠障害が原因になっている?

睡眠時随伴症

歯ぎしり(歯軋り)※は睡眠障害的に言うと、睡眠時隋伴症の【睡眠時歯ぎしり(睡眠時ブラキシズム)と言います。※食いしばりとも言います。歯ぎしりの一番の原因は大まかに言うとストレスや歯科関連の問題なのですが、特にストレスに関してさらに言うと、背後には別の睡眠障害がそのストレスの原因になっている場合もあります。この記事では、歯ぎしりの一般的な原因(子供や大人の原因も含め)と、そしてその背後にある睡眠障害についてまとめています。また、治療法などにも触れているので参考になればと思います。

悪夢の原因とは?悪夢を見ない方法は睡眠時間を削れ!?

睡眠時随伴症

最近、毎日嫌な夢や恐ろしい夢ばかりを見てしまう...。一見、こういった恐怖を感じてうなされるような夢や、なおかつ変な夢見は霊的でスピリチュアルなことと思えそうです。ですが、睡眠科学的に言えば、悪い夢を見るというのは【悪夢障害】という睡眠障害(睡眠時隋伴症)のひとつです。睡眠障害というたいそうな名前はつきますが、基本的には悪夢を見てもそこまで気にする必要はありません。ただ悪夢をみる頻度が多ければ、自分では気づいていない睡眠障害が隠れていたり、また薬(睡眠薬等)の副作用などによることも考えられます。ですので、この記事では悪夢の原因とそのさらに根本的な原因、そして悪夢を見たくない人向けの簡単な対策(対処)や、治療などについてまとめています。

夜勤明けで眠れない時の対策|夜勤仕事前の食事が重要?

睡眠時随伴症

夜勤や夕勤(準夜勤)などの不規則なシフトワークをしていると、どうしても夜勤明けに疲れているのに眠れないというな症状になる人は多いかと思います。この記事では基本的には週に2日以上、夜勤が連続である方向けの夜勤明けの眠れない方向けの対処法を紹介しています。また1週間に1回の夜勤勤務が単日のあれば、基本的に日勤のリズムを意識して過ごすのがいいので、そのことも「夜勤明け後の休みの日の過ごし方」で触れているので参考にしてみてください。

おねしょの原因とは?おねしょの裏には別の睡眠障害あり?

睡眠時随伴症

おねしょは睡眠中におしっこ(小便)をお漏らしすることですが、睡眠中に起こることから子供の睡眠障害の一つとしても数えられるものです(もちろん、成人になってからもおねしょはします)。なので睡眠障害的に言えば、睡眠時隋伴症の中の睡眠時遺尿症(夜尿症)と呼ばれています。基本的には子供のおねしょについての原因や治療対策について書いていますが、関連して成人やまた妊娠中や高齢者のおねしょについても関係していることなので、大人の方や妊婦の方も参考になると思います。

ページの先頭へ