「不眠症」の記事一覧(2 / 2ページ目)

朝早く起きてしまう早朝覚醒の原因とは?不眠症悪化のサイン?

不眠症

「朝早くに早朝には目が覚めてしまう...」、「夜明け前の朝の2時や3時の時間帯に起きてしまう」こういった早朝に目覚めてしまうのは、不眠症の早朝覚醒(そうちょうかくせい)※かもしれません。※早期覚醒(そうきかくせい)や深夜覚醒(しんやかくせい)とも言います。成人に約7.9%にみられる不眠の症状です。症状としては、本人が望む起床時間or通常の起床時間の2時間以上前に起きてしまい、目覚めた後に再度眠れない状態を指します。そして、早朝覚醒の原因としては大きく分けると、加齢、うつ病、寝具等による物理的な原因の3つがあります。

夜中に何度も目が覚める原因は中途覚醒?眠りの浅さが問題?

不眠症

「最近、毎日深夜や夜中に何度も目が覚めて、そしてなかなか眠れない...」「寝ても2時間3時間ですぐに目が覚めるor2時間3時間ごとに目が覚める」...「疲れているのに目が覚めて眠れない」等...こういった夜中にしばしば目が覚める症状等は不眠症の中途覚醒かもしれません。※途中覚醒、睡眠維持困難、深夜覚醒、睡眠中断、夜間覚醒とも言います。そして、この中途覚醒の夜中に何度も起きてしまう原因というのは多岐にわたっています。生活習慣が原因なのか、睡眠障害が原因なのか、はたまた病気なのか、原因は非常に様々です。この記事では中途覚醒の症状や原因について詳しくまとめています。

不眠症の原因とは?一番多い原因は何?

不眠症

今現在、日本人の5人に1人が不眠症を含めた何かしらの睡眠の悩みや問題(睡眠障害)を抱えているといわれています。こういった睡眠障害のなかでも一番多いのが不眠症です。ですが、不眠症の原因は非常に様々です。もし、現在なかなか眠れなくて不眠を感じる人は、自分がどういったことが原因で不眠なのかというのは知りたいものです。ですので、不眠症の原因はどういった種類があるのか?をまとめています。一般的に不眠症の分類は睡眠障害国際分類では11種類に分かれていますが、この記事では分かりやすく9つにまとめています。

不眠症の症状は4種類!症状が慢性的に続くと起こることとは?

不眠症

不眠症の症状は大きく分けて4つのタイプに分かれます。医学的には不眠症は睡眠障害のひとつで、そのなかでも不眠症で悩んでいる方が最も多いとされています。最近眠れない(or眠れていない)なぁと感じる方は、自分がどういった不眠症の症状に当てはまるかを分かっておくと改善策などが具体的になっていくと思います。

ページの先頭へ