「概日リズム睡眠障害」の記事一覧

時差ボケの対策と解消法!機内での食事の我慢がカギ!?

概日リズム睡眠障害

時差ボケの対策と治し方(解消法)についてはある程度事前に準備が必要になってきます。時差ボケはジェットラグ症候群(Jet Lag Syndrome)、時間帯移動(変化)症候群(Time Zone Change Syndrome)とも言われ、実は睡眠障害の一つで、概日リズム睡眠障害時差型とも言われます。ちなみに時差ボケが起こるのは日本と時差が5時間以上離れる場合に起こるので、時差が5時間以上はなれた地域に行く方には必見の内容です。そしてまた最近では、不規則な生活(夜更かしや日頃の睡眠不足を補うための週末の過剰な寝だめなど)が原因で海外に行っていないのに時差ボケと同じような症状が起こるソーシャルジェットラグ(社会的時差ボケ)という症状もあったりします。

夜勤・交代勤務者に多い交代勤務型概日リズム睡眠障害とは?

概日リズム睡眠障害

この現代の24時間社会では、夜勤などの深夜勤務、不規則な交代制勤務、などの勤務形態で働く方が大勢います。例えば、警備員、コンビニ従業員、長距離トラック運転手、タクシー運転手の方々等など。こういった勤務形態で働いている方々が体の不調を訴えるのは概ね睡眠障害が原因で、この睡眠障害を交代勤務型の概日リズム睡眠障害と言います。

昼夜問わず一日中眠い原因は不規則型睡眠覚醒パターンかも?

概日リズム睡眠障害

昼夜問わずに一日中寝ては起きてはを繰り返してしまう...また寝ても睡眠時間は一定せずに、長く睡眠取れるときもあれば、短い時間の睡眠の時もあったり等。こういった不規則な症状で悩んでいるなら、もしかしたら不規則型睡眠覚醒パターンという概日リズム睡眠障害かもしれません。

夕方眠くなり朝早く起きてしまうのは睡眠相前進症候群かも?

概日リズム睡眠障害

夜の早い時間帯から眠くなり、そして早く眠ってしまうために夜中や早朝に起きてしまう...こういった症状を感じる場合は、睡眠相前進症候群(すいみんそうぜんしんしょうこうぐん)かもしれません。酷くなると夕方ごろに強い眠気に襲われたりするので、仕事終わりの付き合い等に問題が出てくるかも知れません。

ページの先頭へ