「秋や冬の寒い時期の睡眠」の記事一覧

こたつや電気毛布で寝ると何故体に悪い?不眠症になる?!

秋や冬の寒い時期の睡眠

こたつの中で寝たり、電気毛布を使って眠ると何故体に悪いと言われるのでしょうか。冬の寒い時期には、寒さが苦手な人にとってこたつも電気毛布も必須だと思いますが、体に悪いと言われることも含め、睡眠との関わりにしてもそれほど良い関係ではありません。またこたつで寝ると太ると言われることや、仮に就寝中に使うならどういった使い方がいいのかどうか等も解説しています。

寒さで起きれない時の対策!綿の布団が冬の寝起きの元凶!?

秋や冬の寒い時期の睡眠

冬の寒さで朝布団やベッドから出られずになかなか起きれない...こういった経験は、誰もが冬の寒い季節の朝の寝起きで経験するものですね。基本的にはこういった冬の寒さで布団から抜け出せないというのは睡眠環境が原因で起こることがほとんどです。なので、原因と合わせて冬の寒さで起きれない人向けに対策法を書いているので参考にしてみてください。

冬に眠い原因は冬のうつ病?対処法は太陽の光と南国旅行!?

秋や冬の寒い時期の睡眠

冬の寒い時期に眠くなるのは、色々な原因があります。その中でも冬の時期の季節限定の、冬鬱(うつ)病と言われるうつ病があります。この冬型のうつ病の症状として睡眠に関する症状があるのですが、通常のうつ病とは異なります。またそれ以外にも冬に眠たくなる原因はあるので、それと合わせて対処法等も紹介しています。

寒くて眠れない時の対策・対処法!寝る時の靴下は逆効果?

秋や冬の寒い時期の睡眠

秋冬の寒い時期になると、寒さ対策としてパジャマのうえにフリースを着たり、足先が冷えるので靴下を履いたり、手袋をしたりして睡眠中の寒さ対策をしていると思います。ですが、特に足先のや手先の靴下や手袋などは返って冬の寒い時期の睡眠には逆効果になることがあります。また、その他にも寒さ対策として使われる電気カーペットや電気毛布なども使い方によっては秋冬の寒い時期には逆効果になることもあるので、効果的な使い方についても解説しています。

ページの先頭へ