Sponsored Links

おねしょの原因とは?おねしょの裏には別の睡眠障害あり?

おねしょは睡眠中におしっこ(小便)をお漏らしすることですが、睡眠中に起こることから子供の睡眠障害の一つとしても数えられるものです(もちろん、成人になってからもおねしょはします)。

なので睡眠障害的に言えば、睡眠時隋伴症の中の睡眠時遺尿症(夜尿症)と呼ばれています。

基本的には子供のおねしょについての原因や治療対策について書いていますが、関連して成人やまた妊娠中や高齢者のおねしょについても関係していることなので、大人の方や妊婦の方も参考になると思います。

Sponsored Links

おねしょの原因とは?おねしょには2種類のおねしょがある?

まず、このおねしょの原因としては「抗利尿ホルモンの分泌が十分でない」ということと「膀胱の大きさ※」というのが考えられます。※睡眠中に貯められる尿量が少ないという意味。

抗利尿ホルモンの分泌や膀胱の大きさは5歳ぐらいまでは基本的に未発達なことが多いので、5歳ぐらいまでの子供にとっておねしょは普通にあることと捉えることが必要です。

もちろんこういった発達には個人差があるのですが、5歳を過ぎてもおねしょがある場合は病的と考えられま、5歳以後も週に2度以上睡眠中におもらしをすると「睡眠時遺尿症」という病名がつきます。

おねしょには2種類のおねしょがある?

ちなみに、おねしょには「原発性睡眠時遺尿症」と「続発性睡眠時遺尿症」と2種類のおねしょがあります(原発性を1次性、続発性を2次性という言い方もあります)。

基本的に継続的におねしょを繰り返している場合は、原発性睡眠時遺尿症で常におねしょをしているという状態のおねしょを指します。

反対に6か月以上おねしょをしていない経験がある子供が再びおねしょを繰り返す場合に、続発性睡眠時遺尿症と言う言い方をします。

通常は成長によって睡眠中に抗利尿ホルモンが分泌されるようになり、そして膀胱も大きくなってくるので原発性睡眠時遺尿症は年齢とともに治癒していくのですが、続発性睡眠時遺尿症の場合は別の原因がある場合があります。

Sponsored Links

別の睡眠障害が原因で子供も大人もおねしょをする?

続発性睡眠時遺尿症の場合は、とりわけ抗利尿ホルモンの分泌量が十分ではないことが原因として考えられるのですが、多くは睡眠が浅いことが関係しています。

睡眠が浅くなることで睡眠中に自覚のない(自分では気付かない程度の)覚醒※が起こっている場合が多く、そういった場合に抗利尿ホルモンが十分に分泌されない場合があるのです。

※睡眠中に自覚のない覚醒のことを中途覚醒と言います。

これは「成人」「妊娠中の妊婦」、「高齢者」でも起こることなので、子供だけの問題でも実はありません。

別の睡眠障害が隠れていることも

そしてこういった睡眠が浅くなる原因として、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害が考えられます。

睡眠時無呼吸症候群も含めると、睡眠が浅くなっている要因として挙げられる睡眠障害は以下のようなものが挙げられますね。

睡眠時無呼吸症候群子供の睡眠時無呼吸症候群の症状は大人とは違う?他の病気と勘違いされやすい?
周期性四肢運動障害睡眠中に足がピクピク痙攣する周期性四肢運動障害の症状や原因とは?
むずむず脚症候群子供のむずむず脚症候群とは?大人との違いは時間帯?

※それぞれの睡眠障害の詳細については、記事リンクごとにご覧いただければと思います。

とりわけ睡眠時無呼吸症候群(※以下SAS)について言うとイビキが特徴的ですが、そもそも子供と寝室を同じにしていても、両親共々このSASでイビキをかいていると、子供のイビキに気付かないということも考えれます。

また子供ではほとんどありませんが、イビキのない中枢性の睡眠時無呼吸症候群等もあります。

中枢性睡眠時無呼吸症候群とは?症状は睡眠中だけではない?

もちろん、ストレスを感じやすい子供、喘息持ちの子供やアトピー性皮膚炎のかゆみや痛みで眠れない子供も睡眠が浅くなりやすく、おねしょをしやすい傾向があります。

関連記事:かゆみで眠れない時に効くツボ-乾燥肌、アトピー等原因別の痒みに効く!

Sponsored Links

おねしょの治療と対策とは?食事にも気を遣え?

おねしょは基本的には自然に治癒していくので(成長によって抗利尿ホルモンの分泌が十分にされるようになったり、膀胱が大きくなったり)、8歳前後位で治療を開始するめどになっています。ちなみに病院だと泌尿器科が窓口です。

↑で挙げたような睡眠が浅くなることが原因で起こっているおねしょの場合は、それぞれの睡眠障害を改善していく必要があります。

そして、治療の方法は基本的には3つあります。

  • 夜尿アラーム
  • 抗利尿ホルモンスプレー
  • 薬物療法…抗うつ剤※や服用抗利尿ホルモン剤

※抗うつ剤の尿を出にくくする副作用を利用しています。

ただ薬物療法に関しては副作用のリスクがあり、また服用をやめてからおねしょが再発リスクがあるため、ほとんどの場合、夜尿アラームか抗利尿ホルモンスプレーが選ばれる場合が多いです。

とはいえ小学生高学年や中学生や高校生になると、林間学校や修学旅行や部活などで同年代の子供たちと泊りのイベントがあるので、その際には積極的に薬物療法を使う場合もあります。

日頃からできる対策は塩分少なめが重要

また本格的に泌尿器科に行って治療するのは、子供であればおねしょの治療ということで嫌がったり、大人であれば心理的にハードルがある場合には、日頃から自分で出来る対策もあります。

  • なるべく寝る前の水分のがぶ飲みは避ける
  • 塩分が多い夕食は避ける・塩分が多いお菓子なども避ける→水分を多めに取るから
  • 大人であればできるだけ夜のカフェイン入りの飲み物・アルコールは避ける→カフェインやアルコールには利尿作用があるから

もちろん、上記のことをやってもおねしょが改善しない場合は、必ず医療機関で診察してもらうべきです。

また眠る前でもなるべくコップ一杯の水は飲んでおきましょう。眠りにつく前には体温が上昇してから眠りにつくため、ある程度汗をかいてから眠ります。

その為、極度に水分が不足すると脱水症状で寝苦しく睡眠も浅くなる可能性があるので、200ml程度の水は必ず飲んでから寝ましょう。

関連記事:寝る前の飲み物って何がいい?緑茶も飲み方次第ではOK?

ちなみにこの記事を読んでいる親御さんはまずないと思いますが、おねしょをした時に叱ったり怒ったりするのは逆効果です。

かえっておねしょをしている子供に心理的葛藤などのストレスで睡眠が浅くなったりするので、基本は「あせらず」「おこらず」で、辛抱強さが大事で、家族の理解があればあるほど改善も早くなります。

まとめ

  • おねしょは5歳以降に週2度以上睡眠中にお漏らしをすると「睡眠時遺尿症」
  • おねしょの裏には睡眠時無呼吸症候群等の別の睡眠障害が原因になっていることもある
  • おねしょは基本は自然治癒、小学生の高学年以降(大人も含め)もおねしょする場合には薬物療法などを行っていく

ちなみにおねしょをする男女比では、3~6:1で男の子に多いというデータがあります。

また両親がともに子供の頃に5歳以降におねしょをしていた場合、その子供の77%が5歳以降もおねしょをしているデータもあり、遺伝的な要素が強いことも分かっています。

Sponsored Links
Sponsored Links