Sponsored Links

いびきをかく原因とは?肥満者や高齢者以外もなりやすい?

いびきをかく原因というのは様々です。

そして、いびきと言うとここ数年では睡眠時無呼吸症候群(SAS)と関連付けられ、いびきをかく=睡眠時無呼吸症候群と言われるほどです。

ですが、睡眠時無呼吸症候群でなくてもいびきはかきます。ただ、このいびきをかくという行為は、色々な病気の原因になることも分かっていて注意が必要です(SASも色々な病気の原因と言われています)。

ちなみにこういった普通のいびきをかくことを、単純イビキ症と言います。

Sponsored Links

いびきをかく原因は高齢や肥満だけではない?

まず、いびきの原因は仕組みを理解すると分かりやすいと思います。簡単に言えば、空気の通り道である気道が狭くなることでいびきをかきます。

そして、その気道は筋肉で支えられていています。

ですが、睡眠中は体の筋肉が緩むことで、空気の通り道である気道が狭くなり、狭ければ狭いほど気道を通る空気が空気抵抗で鳴る音が大きくなります。

そして大きくなった音がいびきをかく音なわけです。

高齢や肥満になるといびきをかきやすい?それ以外にも問題あり?

ですので、若い方に比べて高齢になると首や喉の周辺の筋肉が緩みやすくなることで、気道が狭くなりやすくなってしまう為に、いびきをかいてしまいます。

そして肥満の方は、太ったせいで首や喉周辺に余計な脂肪がついてしまうため、気道自体が狭くなってしまい、それによっていびきをかきやすくなるのです。

また骨格的に顎の小さい方・体の小さい方は、気道の作りが小さいためにいびきをかきやすいことも分かっています。

なので、今列挙した高齢者や肥満者や元々気道の作りが小さい方は、いびきが原因で睡眠中に無呼吸/低呼吸になるのが特徴的な閉塞性睡眠時無呼吸症候群になりやすい方とも言えます。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の原因とは?肥満以外でも発症?

Sponsored Links

健康な人でも寝方や寝る前の飲酒がいびきの原因になる?

また↑で挙げた方々以外にも、健康な人でもいびきはかく場合もあります。

  • 寝相が仰向けの寝相
  • 寝る前の飲酒

寝相が仰向けの寝相

まず仰向けの寝相の方は、うつ伏せ寝相の方よりもいびきをかきやすいことが分かっています。

仰向けに寝るといびきをかきやすい理由としては、上あご(軟口蓋)や舌の付け根が重力で落ち込んでしまうために、空気の通り道である気道を塞ぎやすくしてしまうためです(舌根沈下)。

寝る前の飲酒

そして眠る前の飲酒(アルコール)もいびきの原因です。

アルコールを摂取することで筋肉がゆるんでしまうため、眠るときに気道が塞がりやすくなってしまい、いびきをかきやすくなってしまうのです。

また少し健康という部分ではズレますが、花粉の時期に花粉症になる方・風邪等で鼻づまりになる方等は、鼻が詰まることで鼻呼吸ができなくなりいびきをかきやすくなります。

Sponsored Links

いびきが招く病気とは?口呼吸が色々な病気を招く?

そして一般的にはいびきは睡眠時無呼吸症候群とセットで語られることが多いわけですが、この睡眠時無呼吸症候群でも色々な病気を引き起こす要因になりますが、いびきをかくことだけでも色々な病気のリスクがあります。

関連記事:閉塞性睡眠時無呼吸症候群の症状とは?色々な病気の元凶?

いびきをかく人がかかりやすい病気とは?

特にいびきをかく人の多くは、「口呼吸」がほとんどです(先程、触れた鼻づまり等が原因でいびきをかくというのが分かりやすいと思います)。

この口呼吸をしてしまうと、口の中が乾燥して簡単に空気中の細菌等が体内に侵入しやすくなります。その為、感染症や他の病気にかかりやすくなってしまいます。

  • 風邪
  • 扁桃炎
  • 口内炎
  • 歯周病
  • 口臭の悪化しやすくなる等…

また乾燥した空気を口から吸い込むことで気道の粘膜などの組織を痛めてしまう恐れもあり、いびきをかく(=口呼吸)ことは非常にリスクがあるわけです。

出っ歯の方は要注意?

また先程も触れている通り、骨格の小さい方は気道が狭いためいびきをかきやすい訳ですが、骨格の話をすれば上あごが出っぱている方(いわゆる出っ歯の方)もいびきをかきやすいことも分かっています。

厳密に言うと出っ歯の多くは下顎が小さいことで、上あごが出っ張っているように見えてしまうのですが、この下顎が小さいというの述べている通り、気道が狭い人の特徴です。

それに加え、出っ歯の方は口が開いてしまうため口呼吸を無意識にしてしまいます。

まとめ

  • いびきの原因は気道が狭くなることで起こる、特に加齢や太ると気道が狭くなる
  • 健康な人でも体の小さい人(骨格や顎が細い)は気道がせまいのでいびきをかきやすい
  • いびきをかく場合はほとんどが口呼吸の為、色々な病気を起こしやすい

ちなみにストレスや疲労によって浅い睡眠※が多くなることで、いびきをかきやすくなることもあります。

※眠りの浅いレム睡眠中は筋肉が緩んでいるので(筋弛緩状態)、その影響です。

基本的に睡眠中はノンレム睡眠が3/4を占めているのですが、ストレス性の不眠症等を患うとレム睡眠の比率が増えるため、その分いびきもかきやすくなります。

Sponsored Links
Sponsored Links