Sponsored Links

足がムズムズして眠れないという問題を抱えている方向けに、日頃からできる対策となってしまった時の対処法(解消法)を紹介しています。

また日頃から足がムズムズ(表現としてはもやもや、もぞもぞ、じんじん、びりびり)する方は軽度なむずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群or下肢静止不能症候群とも)の可能性があります。

ですので、現状足がムズムズするなぁという方、現在むずむず脚症候群の症状が軽度に出ている方、両方の方に向けて効果のある内容になります。

関連記事:むずむず脚症候群の症状とは?足以外もムズムズする?

↑の症状の記事でも触れていますが、足に限らず腕や背中お腹など全身に伝染するようにムズムズ感があるかたにも効果のある対策や対処法(解消法)です。

Sponsored Links

足がムズムズする人(むずむず脚症候群初期症状の方)の日頃で一番効果のある対策法とは?鉄分摂取がカギ!?

まずこの足がムズムズする原因は、完全に分かっているわけではないのですが脳の鉄分不足が原因の一つと考えられています(もう一つの原因は↓の原因の記事でも書いていますが、脳のドーパミン合成異常によって起こると考えられています)。

むずむず脚症候群の原因とは?女性や高齢者がなりやすい?

その為、このむずむず脚症候群の薬物療法には、鉄剤(鉄分を補う薬)が処方されるほどです。

ですので、日頃からできる対処として食物成分の中に鉄分が多い食品を食べることが、一番効果のある足のムズムズの対策になるわけです。

鉄分を多く含んだ食品や鉄分の吸収を妨げるもの

ただ鉄分と言っても2種類あり、吸収しやすい鉄分と吸収しにくい鉄分があります。

鉄分を多く含んだ食べ物とその鉄分の吸収を妨げるもので分けて表にしてみました。

鉄分を多く含んだ食品
  • ヘム鉄;レバー(豚・鶏)、赤身肉(牛・豚)、マグロやカツオや煮干し、シジミやアサリ
  • 非ヘム鉄;ひじき、ホウレンソウ、小松菜、油揚げ、卵黄
鉄分の吸収を妨げるもの
  • タンニン;コーヒー・緑茶・紅茶・赤ワイン等に入っている渋み成分※↓でも触れています
  • 食物繊維;多く取りすぎると鉄分の吸収の妨げ
  • フィチン酸;玄米や米ぬけ漬け等に多く含まれる
  • シュウ酸;たけのこや野菜に含まれる灰汁(アク)のこと、十分に茹でることで灰汁抜きできる(水に溶けだす)

ヘム鉄が肉や魚に含まれている鉄分で吸収率が良く、反対に非ヘム鉄は野菜などに含まれている鉄分でそれほど吸収率はよくありません。

ヘム鉄でも非ヘム鉄でも吸収を妨げるものは変わりませんが、ヘム鉄と非ヘム鉄の食品を一緒に摂取することで、吸収は良くなります(また非ヘム鉄の場合、肉や魚類を一緒に取ることで吸収率が上がります)。

Sponsored Links

足がムズムズする人のその他の対策法とは?ムズムズの症状を悪化させるものとは?

またその他の日頃からできる対策としては、以下のようなものがあります。

  • 寝る前によく足がムズムズする箇所のマッサージ(激しい運動した日or普段よりも歩いたなぁという日はなおさら)
  • 寝る前に足のことを意識しないよう、ムズムズすることから注意をそらす(音楽を聴いたり、ゲームをしたりなど)
  • 日中に適度に運動する
  • 夜更かしせずに睡眠をとること
  • カフェインやアルコール、タバコなどは夕方以降控える等…

もちろん個人差がある対策なので(上記の鉄分摂取も含め)、コレをやっていくらか症状が軽減した!というような対策があればそれに越したことはありません。

ですので、紹介している対策は効果のある・ないは個人差であると思います。

カフェインやアルコール、タバコはムズムズの症状を悪化させる?

ですが、カフェイン・アルコール・タバコなどの嗜好品の夕方以降の摂取に関しては、夜間のムズムズの症状を悪化させることが分かっています。

ですので、コーヒーや紅茶・緑茶などのカフェインを含んだ飲み物を夜に飲む場合は、注意が必要(カフェイン摂取後約7~8時間でカフェインは体外へ排泄される)です。

→仮題;寝る前のコーヒー…

詳しくは↑の記事で書くつもりです。

また先程も触れているヒジキや海藻類の鉄分(非ヘム鉄)に関しては、カフェインと一緒に摂取すると鉄分の吸収率が悪くなることも分かっています。

足がムズムズしてしまった・している時の対処法(解消法)

そして、実際就寝前or寝床に入っているのに足がムズムズして眠れない場合の対処法(解消法)は、よく効果があると言われているのは以下の3つです(もちろん、個人差があります)。

  • 歩き回る
  • 足にシャワーをかける
  • 太ももや腕にムズムズ感が移った場合は、軽くたたく

基本的には歩き回ることは効果がある方は多いようです。ですが、歩き回ることで目覚めてしまうので結局眠れなくなるという方もいます。

シャワーでも冷たいシャワーが効果あり?

またシャワーでも暖かい温度よりも、冷たい温度のほうが効果を感じる方も多いです。

そして、シャワーの水圧の強さもそこまでの強さだと逆に刺激してしまうので、少し弱めのほうがという方もいます。

もちろんこういったシャワーを足に浴びるのは、寝る前にも効果があります。

ですので、色々な方法を試していく中でムズムズ感を改善できればいうことはありません。

まとめ

  • 足がムズムズする場合には(むずむず脚症候群の軽度な症状)、原因によって鉄分を多く含んだ食品の摂取で改善が見られる場合がある
  • カフェインやアルコール、タバコはむずむず脚症候群の症状を悪化させることもある
  • 足がムズムズになったら対処法(解消法)は冷たいシャワーを足に浴びること(比較的効果がある人が多い)

今回紹介した方法を施しても、ムズムズ感がなくならないorムズムズ感が慢性的に酷くなる場合には本格的な治療が必要になりますね。

むずむず脚症候群の治療の薬物療法とは?完治はしない?

Sponsored Links
Sponsored Links