Sponsored Links

寒い秋冬の様子

秋冬の寒い時期になると、寒さ対策としてパジャマのうえにフリースを着たり、足先が冷えるので靴下を履いたり、手袋をしたりして睡眠中の寒さ対策をしていると思います。

ですが、特に足先のや手先の靴下や手袋などは返って冬の寒い時期の睡眠には逆効果になることがあります。

また、その他にも寒さ対策として使われる電気カーペットや電気毛布なども使い方によっては秋冬の寒い時期には逆効果になることもあるので、効果的な使い方についても解説しています。

Sponsored Links

寒くて眠れない秋冬の時期に靴下は逆効果?!

眠りにつく際には通常、深部体温(体の中心の体温)が下がるようになっています。その時に体の末端である手足から熱を放熱して汗をかくことで深部体温を下げ、体が眠りにつくようになります。

寒い冬には靴下はNG

ただその際に、靴下や手袋を装着していると放熱の際の汗の水分が靴下や手袋にたまり、必要以上に手先や足先が冷えることで、朝目覚めたときに足や手がだるいという症状が出ることがあります。

そして必要以上に体が冷えることで睡眠が浅くなることもあり、その寒さで早朝に起きてしまったり(早朝覚醒)等の弊害もあります。


シルクレッグウォーマー

とは言っても、足先や手先が寒くて眠れない場合には、足先ならレッグウォーマー・手ならハンドウォーマーのように、汗の水分が蒸発しやすく放熱を妨げないようなものであれば問題ありません。

なるべく締め付けの緩い下着やパジャマを選ぶ

また仮にレッグウォーマーや下着を選ぶなら、なるべく締め付けない程度のサイズ感のモノ(パンツやパジャマのゴムがきつくないか等)をチョイスするのがコツです。

特に締め付けが苦しくなると血行が悪くなるので、睡眠中のこむら返り(正式には夜間下肢痙攣や夜間下肢有痛性筋痙攣と言います)などが起こる確率が高くなってしまいます。

関連記事:足がむずむずする病気はむずむず脚症候群だけではない?!

そして締め付けによって血行が悪くなることで、体の末端(足先や手先)までの血液の巡りが悪くなるので、足先や手先が冷え症になりやすくなります。

Sponsored Links

寒くて眠れない時の対策方法、布団のかけすぎも要注意!

そして血行の話の関連をすれば、「寒さで起きれない時の対策!綿の布団が冬の寝起きの元凶!?」の記事でも触れていますが掛布団の重ねて掛け過ぎるのも要注意です。

掛け過ぎによる注意点としては2つあります。

  • 重ねた掛布団の重さで体の血行が悪くなり、体が冷え過ぎて温かくなりにくい
  • 掛布団が重たいことで、寝返りが打ちづらくなり眠りの質が悪くなる場合もある


マイクロファイバー毛布

ですので、なるべくなら軽い羽毛布団の掛布団や、マイクロファイバー等の軽い毛布やタオルケットを使うことで重ねて掛布団を重たくなるのを防ぎましょう。

マイクロファイバーはポリエステル素材の生地を使っているので、羽毛布団のように高くないので手軽でおすすめです。

Sponsored Links

敷布団に電気毛布や電気カーペットも使用は避けるべき?

また、敷布団のシーツの下などに電気毛布や電気カーペットを睡眠中ずっとつけているのもなるべくなら控えておいたほうがいいでしょう。

こたつや電気毛布で寝ると何故体に悪い?不眠症になる?!

↑の記事でも書いていますが、睡眠中はある程度深部体温が下がるようになっているのですが、電気毛布や電気カーペットを使うことでこの深部体温が上がったままの状態で眠りについていると睡眠の質が浅くなり、夜中に起きてしまう中途覚醒や、十分に寝ても疲れが取れないような熟眠障害に陥ることがあります。

なので、電気毛布や電気カーペットを使うにしてもタイマーを付けておくか、もしくは寝床につくまでつけて布団を暖めておいて、就寝と同時にスイッチをOFFにするのが理想的な使い方です。もちろん、どうしても消したくない場合は暖かさの強さを最弱にするだけでも違ってきます。

湯たんぽ

そういう意味でいうと、時間が経つと温かくなくなる湯たんぽは冬の寒い季節の睡眠には理想的とも言えますね。

デッドエア(暖かい空気)を作って冷気を遮断!

そしてまた、敷布団の下に段ボールや薄いマットレスやアルミシートを敷くことで、床からの冷気が遮断できるので電気カーペットや湯たんぽがなくても、布団の中の寒さを和らげることもできます


LBSアルミブランケット(アルミシート/防寒対策/山登り/キャンプ/アウトドア/釣り)[M便 1/5]

ちなみにこういった敷布団の下にダンボールやアルミシートを敷くことで、デッドエア※という温かい空気作りだしとどめておくことで、布団の中が冷えすぎないという効果を生みだします。

※デッドエアは動かない空気と言われ、空気が動かないことで温かさを維持します。

なので、仮に寝返りの際に掛布団から外気の冷たい空気が入ってきて布団の中が冷たくなっても、敷布団側はそこまで冷たくならないので、布団の中は程よい暖かさを保つことができるわけです。

まとめ

  • 寒くて眠れない時に履く靴下は汗で足先などを冷やすため、代わりにレッグウォーマーをするほうがおすすめ
  • 寒くて掛布団を掛け過ぎると重さで体の血行が悪くなるため、重ねるならなるべく軽い不毛布団やマイクロファイバーの毛布がおすすめ
  • 電気毛布や電気カーペットはタイマーをかけるか、就寝前に布団を暖めて寝る時にはスイッチオフにするのが望ましい

また、冬の布団(掛布団や敷布団は)なるべくこまめに天日干ししておくことがおすすめです。

布団が汗などの水分で湿っていると、寝床に入るときにヒンヤリとしてしまいます。

なので、天日干しができないにとしても、布団乾燥機でしっかりと布団の水分を蒸発させておくことが重要になってきます。

Sponsored Links
Sponsored Links