Sponsored Links

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(略してOSA;Obstructive Sleep Aqnea)の原因は何なのでしょうか。

一般的には男性や肥満の方等がなるイメージですが、実はそうでもありません。

もちろん、男性や肥満の方は発症リスクは高いのですがそういった方以外にも、発症しやすい人はいます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?SASは2種類ある?

※略してOSAですが、この↑の記事でも書いている通り睡眠時無呼吸症候群(SAS)の9割がこのOSAの為、SAS=OSAのような形で一般的には言われています。

ですので、この記事でも閉塞性は略してOSAですが、わかりやすくSASで説明していきます。

Sponsored Links

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の原因とは?肥満の人はなりやすい?

まず閉塞性睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)の原因は、睡眠中に気道(喉の奥)が塞がってしまうことで起こってしまいます。

この気道が塞がってしまう原因は、舌根(ぜっこん)というベロの根元が気道に垂れ下がってくることで起こってしまいます。

もちろん、この舌根以外にも口咽頭癖(ベロの下にある)の脂肪や、軟口蓋(喉ちんこのさらに奥)が気道を塞ぐこと理由です。

肥満の人はなりやすい?

特によく肥満の人や扁桃腺肥大等の方が、このSASなりやすいといわれている理由は、気道がもともと狭くなっているためです(肥満の方は喉や首付近に脂肪が多いため気道が狭くなる)。

気道が狭くなっていると眠る際、筋肉の緩みで舌根等が落ち気道が塞がれてしまい、一時的に無呼吸という状態が続いてしまうのです。

また仰向けに眠る肥満の方に、もっとも起こりやすいと言われます。

Sponsored Links

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は太っている人以外もなりやすい?

ですが、SASは肥満などの太っている方だけの問題ではありません。

もちろん、太っている方は普通の体型の方よりも喉の周りに脂肪がついて気道が狭くなってしまうため、どうしてもSASの発症リスクは普通の方よりも3倍高いといわれています。

痩せている人も注意が必要?

痩せている体型の方もSASの発症リスクはあります。

痩せ型体型の方で顎が小さい人・骨格が細い人は、元々気道が小さく塞がりやすいです。その為、少し体重が増えただけでも喉周りに脂肪がつき、発症のリスクはさらに増します。

ちなみに日本人やアジアの方は、比較的欧米の方々※の骨格に比べてSASになりやすい骨格の形と言われています。

※欧米はどちらかと言うと、肥満が原因によるSASがほとんどです。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群は女性でも一定の年齢を過ぎると実は発症しているということも?

また女性でも更年期(45歳~55歳の間)を過ぎるとこのSASになっているのに、気付かないということもあります。

というのも、このSASの症状が女性の更年期障害の症状と似ているためです。

  • 頭痛
  • 寝汗
  • 日中の疲労感や倦怠感等…

ですので本来はSASなのに、ただの更年期障害の症状と勘違いしまい、このSASだということを見落としてしまい悪化しやすくなってしまいます。

女性特有の他の理由

また、このSASは激しいイビキという症状があります。

その為こういった自覚症状があったとしても、女性が恥ずかしくて病院に行って診察を受けづらいということも女性のSASが重症化してしまうことも関係しています。

まとめ

  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群は肥満の人や扁桃腺肥大の方は気道が狭くなっているのなりやすい
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群は太っていなくても顎が小さい人、もともと痩せている人は骨格が小さいためなりやすい
  • 閉塞性睡眠時無呼吸症候群の日中の症状は女性の更年期障害と似ているため更年期を迎えた女性は見落としがち

基本的には加齢とともに体全体の筋力が衰え、喉や首付近の筋肉が緩み、SASにはなりやすいです。

ですので、SASは年齢や性別の差なく起こる睡眠障害なのです。

Sponsored Links
Sponsored Links