Sponsored Links

睡眠薬と酒の併用はNG?併用してもOKな薬もある?

睡眠薬を服用しながら、飲酒(アルコールとの併用)をするのは基本的には禁止です。

基本的に禁止と言っている理由としては、中には例外的にお酒の併用が可能な睡眠薬や、逆にお酒を勧んで併用する睡眠改善薬もあったりもするからです。

ですが、不眠症の症状によって処方される薬で少し話が変わってくるので、注意が必要です。

また、市販の睡眠薬とのアルコールの併用についても触れています。

Sponsored Links

睡眠薬と酒の併用はNGは何故?

まず冒頭でも言っている通り、睡眠薬とお酒を併用して飲むのはNGです。

理由としては睡眠薬(※1)とお酒のお互いの催眠作用や筋弛緩作用などが相互的に作用(相乗作用)してしまうのと、お酒を飲むことで睡眠薬の副作用が出てしまう可能性があるからです。

例えば、睡眠薬なら副作用が強さを増しますし、アルコールであれば酩酊状態になりやすくなります。

そして併用すると副作用は、以下のようなものが主な症状です。

  • 持ち越し効果…睡眠薬がアルコールにより効果が長く続き過ぎて、眠気、ふらつき、めまい、脱力感等の症状が日中に生じる
  • 記憶障害…併用後の記憶がない。特に作用時間が短く強力な睡眠薬とアルコールを摂取すると起こりやすい
  • 筋弛緩作用…起きてもうまく体の筋肉が動かないため、転んだり、呂律が回らなくなる

参考記事:睡眠薬の副作用ってどうなの?副作用が少ないのってある?

特に大量のアルコールを摂取し睡眠薬を服用すると、呼吸抑制が酷くなり最悪の場合死に至る可能性があります。

(※1)ここで述べている睡眠薬とは、日本で服用頻度の高いGABA系睡眠薬のベンゾジアゼピン系(ハルシオン等)と非ベンゾジアゼピン系(マイスリー等)のことを指しています。

市販の睡眠薬でも飲酒との併用はNG

また医師から処方された睡眠薬以外にも、コンビニやドラッグストアなどで購入できる市販の睡眠薬でもお酒との併用はNGです。

市販で売られている睡眠薬の主成分は「ジフェンヒドラミン」という成分で、アルコールと一緒に摂取すると血中濃度が急上昇してしまい、起床時に意識障害を引き起こしてしまう可能性があります。

さらに市販の睡眠薬は抗ヒスタミン薬の副作用である、インペアードパフォーマンス(集中力・判断力・作業能力低下のこと)が、持ち越し効果により日中に起こりやすくもなります。

関連記事:市販の睡眠薬の効果とは?市販の睡眠薬に強力なものはない?

Sponsored Links

睡眠薬と酒との併用はNGでも、寝酒でなく早い時間帯に晩酌すればOK?

では、眠る直前の寝酒を避け、早い時間帯に晩酌し睡眠薬を眠る前に服用すれば問題ないのか?といえばそういうわけでもありません。

例えば、体重が60kgの成人男性が1時間で代謝できるアルコールは4g程度です(もちろん個人差有り)。

仮にこの男性が、アルコールが4%の500mlのビールを飲む場合には、20gのアルコールが入っているので、アルコールの代謝に必要な時間は5時間ほどになります。

なので、夕方6時に500mlのビールを飲んで、夜の12時ちょうどに就寝するなら、理論的にはアルコールが体内で代謝されている可能性はありますが、代謝には個人差があるものなので何とも言えません。

またアルコールが脳の中枢神経系に及ぼす影響は、どの位の時間かまだ分かっていません。特に日本で使用頻度の多いGABA系睡眠薬は脳のGABA受容体に作用する睡眠薬ということも考えれば、お酒との併用はなるべく控えることに越したことはありません。

関連記事:睡眠薬の種類-効果(作用時間)別の一覧表あり

Sponsored Links

お酒と併用が可能な睡眠薬も実はある?

ですが、比較的お酒と併用しても問題ないと言われる睡眠薬もあります

ロゼレム(一般名:ラメルテオン)というメラトニン受容体作動性拮抗薬です。

GABA系睡眠薬ではアルコール摂取による相互作用によるめまいやふらつき等の副作用がありますが、メラトニン受容体作動性拮抗薬にはアルコールとの相互作用が無いためこういった副作用は起こりません。

ただこのロゼレムは軽度な不眠症(初期症状)や、概日リズム睡眠障害睡眠相後退症候群等に処方される睡眠薬で、重症な方向けのものではありません。

特に寝酒が常態化している方は、アルコール依存による不眠になっている可能性も高いので、不眠の症状は複合的な症状(入眠障害中途覚醒熟眠障害が混ざった症状)で中程度以上と考えられる場合もあります。

関連記事:寝酒の効果は寝つけない人にはok?でもデメリット多すぎ?!

そういった方には、ロゼレムではなくGABA系睡眠薬が処方される場合がほとんどなので、そういった場合にはお酒は飲めないというつもりでいたほうがいいと思います。

しかもまだロゼレムに関しては長期服用に関する検証/臨床結果が少ないため、お酒との関係もまだ今後進展があるかもしれません。

むしろ酒と併用を勧められる薬もあり?

とは言っても、中にはお酒との併用を勧める薬もあったりします。

八味地黄丸(はちみじおうがん)という漢方薬で、睡眠薬で副作用を感じる場合に処方される漢方薬(睡眠改善薬)です。

何故お酒との併用を勧めるかと言うと、水で八味地黄丸を飲むと胃もたれなどの胃腸に負担がかかってしまうためです。

細かい説明は割愛しますが、あくまでも睡眠改善薬なので、すべての方に八味地黄丸が効果があるわけではありません。八味地黄丸は主に虚証※の人に処方される睡眠改善薬で、高齢者の早朝覚醒などに効果があります。

関連記事:不眠に効く漢方薬-睡眠薬との違いとは?

※漢方では虚弱で痩せている人は「虚証」、体格が良く体力がある人を「実証」と言います。

まとめ

  • 睡眠薬とお酒の一緒に飲むのはNGで、それぞれの作用が効き過ぎるのと、睡眠薬の副作用がでるから
  • 例え早い時間帯に晩酌をして間隔をあけて飲んでも、睡眠薬との併用はなるべくなら控えるべき
  • 八味地黄丸は、お酒との併用が逆に勧められる

またうつ病などによる不眠症では抗うつ薬のトラゾドン(商品名:レスリン、デジレル)やミアンセリン(商品名:テトラミド)等が処方されますが、こういった抗うつ薬のお酒との併用もNGです。

文中でも触れていますが、抗うつ薬でも催眠作用には抗ヒスタミンの作用が用いられている為です。

Sponsored Links
Sponsored Links