最新情報

睡眠薬服用は認知症のリスクあり?服用で認知症が進行する?

睡眠薬を飲むと認知症になるんじゃないかと心配...現在飲んでいる睡眠薬をこのまま飲み続けていると認知症になってしまうのか?...と睡眠薬の服用と認知症の関係については、これから不眠症を睡眠薬をつかった薬物療法で治療していく方や、今現在睡眠薬を服用している方にとっては気になるところです。結論から言えば、睡眠薬と認知症の発症リスクは、はっきりとしたことは分かってはいません。ですが、今現在世界の睡眠薬と認知症の研究報告等はどういったことが言われているか、また睡眠薬の副作用で認知症に似た症状などがあるため「認知症が進行する」などの少し誤解を受けている等...睡眠薬と認知症に関することをまとめてみました。

朝早く目覚める早朝覚醒の対策と改善法|光が重要?

「深夜にどうしても起きてしまう...」、「朝方目が覚めたら目が冴えて眠れない...」等こういった早朝覚醒の対策や改善には大きく分けると2つの方法があります。※早朝覚醒の原因については「朝早く起きてしまう早朝覚醒の原因とは?不眠症悪化のサイン?」の記事で書いています。 また、うつ病による早朝覚醒の場合はうつ病自体の治療が必要になりますが、うつによる早朝覚醒の改善の方法も少し紹介しています。

寝言の原因は睡眠障害や病気の前触れ?寝言に返事はNG?

寝言の原因は様々ですが、寝言の種類によって多少どういったことが原因かは分かります。また、寝言は睡眠障害やさらに病気の前触れ(前駆症状)の症状の場合もあり注意が必要です。睡眠時隋伴症のカテゴリーでいうと寝言は「sleep talking」や、睡眠時隋伴症の正常亜型(isolated symptoms and normal variants)という言い方もするので、睡眠障害の中の睡眠時隋伴症の仲間ともいえます。ちなみに寝言の種類によって、どういった睡眠障害等が分かるように寝言鑑別早見表を作っているので分かりやすいと思うので、参考になればと思います。また、寝言の原因によっては一緒に寝ているベッドパートナー(旦那や彼氏、奥さんや彼女)が被害をこうむることもあるので、ベッドパートナーが寝言を言っているときにできる簡単な対処法なども紹介しています。

睡眠薬服用は認知症のリスクあり?服用で認知症が進行する?

睡眠薬

睡眠薬を飲むと認知症になるんじゃないかと心配...現在飲んでいる睡眠薬をこのまま飲み続けていると認知症になってしまうのか?...と睡眠薬の服用と認知症の関係については、これから不眠症を睡眠薬をつかった薬物療法で治療していく方や、今現在睡眠薬を服用している方にとっては気になるところです。結論から言えば、睡眠薬と認知症の発症リスクは、はっきりとしたことは分かってはいません。ですが、今現在世界の睡眠薬と認知症の研究報告等はどういったことが言われているか、また睡眠薬の副作用で認知症に似た症状などがあるため「認知症が進行する」などの少し誤解を受けている等...睡眠薬と認知症に関することをまとめてみました。

朝早く目覚める早朝覚醒の対策と改善法|光が重要?

不眠症

「深夜にどうしても起きてしまう...」、「朝方目が覚めたら目が冴えて眠れない...」等こういった早朝覚醒の対策や改善には大きく分けると2つの方法があります。※早朝覚醒の原因については「朝早く起きてしまう早朝覚醒の原因とは?不眠症悪化のサイン?」の記事で書いています。 また、うつ病による早朝覚醒の場合はうつ病自体の治療が必要になりますが、うつによる早朝覚醒の改善の方法も少し紹介しています。

寝言の原因は睡眠障害や病気の前触れ?寝言に返事はNG?

睡眠時随伴症

寝言の原因は様々ですが、寝言の種類によって多少どういったことが原因かは分かります。また、寝言は睡眠障害やさらに病気の前触れ(前駆症状)の症状の場合もあり注意が必要です。睡眠時隋伴症のカテゴリーでいうと寝言は「sleep talking」や、睡眠時隋伴症の正常亜型(isolated symptoms and normal variants)という言い方もするので、睡眠障害の中の睡眠時隋伴症の仲間ともいえます。ちなみに寝言の種類によって、どういった睡眠障害等が分かるように寝言鑑別早見表を作っているので分かりやすいと思うので、参考になればと思います。また、寝言の原因によっては一緒に寝ているベッドパートナー(旦那や彼氏、奥さんや彼女)が被害をこうむることもあるので、ベッドパートナーが寝言を言っているときにできる簡単な対処法なども紹介しています。

ページの先頭へ